女子会・ママ会におすすめの、表参道「アンドエクレ」は感動に出会える

アンドエクレ クーリシャス

こんにちは、青山地元民さくらです。
いつも青山周辺(表参道・外苑前・原宿・神宮前)のグルメ情報やおすすめデートコース、地域ネタなどを気の向くままに綴っています。

本日は、女子会で大人気の&éclé(アンドエクレ)について書いてみました。

&éclé(アンドエクレ)

アンドエクレは南青山の高級テナントビルに入っているフレンチレストラン。

ネオビストロというジャンルはパリでも流行っていて、スターシェフの料理をリーズナブルな価格で提供しているレストランです。
ここアンドエクレのシェフ、オリヴィエ・ロドリゲス氏も、ミシュラン一つ星を7年間キープし続けた実績を持っています!

アンドエクレ

赤ちゃん連れでもコース料理が楽しめるレストラン

&éclé(アンドエクレ)では女子会に負けず劣らず、ママ友会も行われています。
ここでは赤ちゃんや小さな子どもを連れての食事がOKなんだそうです。

子連れ外食だと親が周囲に異常に気を使いますよね。
少子化日本、子連れママが肩身の狭い思いをしなければならないのは寂しいことです。
そんな中アンドエクレでは、多少子供が奇声を発しても気にならない空気が流れています!

それはホールスタッフの温かい雰囲気かもしれませんし、お客さん達もここがそういう場だと認識して来ているので広い心で見ることができるからかもしれません。

今日もベビーカーが入り口に止めてあり、中では赤ちゃん連れのお母さん達が2グループ来ていました。

アンドエクレ 店内

新しい食のジャンル、クーリシャスとは

アンドエクレで食べられるのは、シェフが考案した新ジャンルの料理クーリシャスです。

アンドエクレ クーリシャス

肉や魚介、野菜などをライスに乗せ、その回りをぐるっとソースで囲うスタイル。
クーリとはフレンチでいう野菜や果物のピューレから発生させたソースのことです。
クーリとデリシャスをかけ合わせて「クーリシャス」なんだそうです。

まぁ細かいことは、料理の写真とともに解説していきましょう。

パステルカラーの前菜が美しい

アンドエクレで供されるスープは、同じコースを注文しても違うものがテーブルに運ばれて来たりします。
今日はグリーンピースと紫キャベツのポタージュ。

グリーンピースにはパルミジャーノをカリッと焼いたもの、紫キャベツにはミモレットのスライスがトッピングされ、まわりにはピンクペッパーが散らしてあります。

パステルカラーがなんとも美しいですね。

撮影大会が始まるのは避けられません 笑

アンドエクレ スープ

続いてのサラダ。
これも見た目美しくて、当然インスタに上げたい病が発動。
なかなか食べ始められないという罪なサラダなのですが、実は味の方も特筆すべきことがありまして。

アンドエクレ サラダ

アンドエクレの野菜は契約農家から仕入れる有機野菜がメインです。
一枚一枚リーフの味がとっても濃〜くて、感動レベルとまで言っていいと思う!

野菜なのに滋味溢れる味って何コレ。
オリーブオイルと塩だけなのに、ため息ものの料理に昇華しています。

こういう野菜なら、毎日食べたい〜

シェフのオリジナル料理クーリシャス

いよいよメインのクーリシャスです。

こちらは、‘かみあかり’ ローリエライス&スチームチキンブレストと春キャベツのマスタード和え
withキャベツクーリ。

一回で覚えられない上に、全部読み上げると舌を噛みそう・・・という要らない感想が頭をよぎります。

アンドエクレ クーリシャス チキン

さあ、クーリシャス。味はいかに。

続きを読む
1 / 2

ピックアップ記事

関連記事一覧