ショコラシック・ロスの方に朗報、塩チョコクッキーがまた食べられるって!

ショコラシック 塩チョコクッキー

こんにちは、青山地元民さくらです。
いつも青山周辺(表参道・外苑前・原宿・神宮前)のグルメ情報やおすすめデートコース、地域ネタなどを気の向くままに綴っています。

本日は、先日閉店したショコラシックについてのお話です。

人気店ショコラ・シックの閉店

南青山の人気パティスリー ショコラシックが、2018年3月をもって幕を閉じました。

ショコラシック 閉店

最終日には、名物の塩チョコクッキーを買い占めに走った方も多かったと思います。

ショコラシック 塩チョコクッキー

最後のガレージセールでは、お店で使っていた器具や、余りの材料・包装材などが並べられており、それを見て「本当に終わりなんだ・・・」と、なんとも切なくなったものです。

ショコラシック 閉店 ガレージセール

ショコラシック 閉店 ガレージセール

私も、今までありがとうの思いで少しだけガレージセールに協力してみました。

連れて帰った子たち↓

ショコラシック 閉店 ガレージセール

あの塩チョコクッキーをまた食べたい

さて、件(くだん)のショコラシックの塩チョコクッキーはクセになる美味しさで、通のおもたせとしても人気の逸品でした。

ザクッとした歯ざわりの中にショリッとしたフルール・ド・セル。
あとから来るヴァローナチョコレートのトロリ。
なんとも不思議な食感で、唯一無二のスイーツと言えたでしょう。

塩チョコクッキーが二度と食べられなくなるなんて、、本当に悲しい!
ショコラシックはずっと青山にある、そう思っていましたから。

ショコラシック 塩チョコクッキー

今までも、数々の店が青山から姿を消していきました。
世界的なコンクールで優勝された経験をお持ちのパティシエ・藤田可也さんがやっていた、骨董通りをちょっと外れたところにあったパティスリーフジタ(2001年開店)もそのひとつです。
今や表参道の大人気店、デュヌ・ラルテはその頃、お隣にありました。
(サイトのメタタグはまだ骨董通りになっているので、誰か教えてあげて 笑)

フジタもデュヌ・ラルテもよく通いましたが、よもやフジタがなくなると、あの時だって思っていませんでした。
衝撃的な事に藤田さんは2004年にはもう亡くなっていたのです。

二度と逢うことが叶わないフジタの美しいパティスリーを思うと、なんともやるせない気持ちになります。
そして、ショコラシックに対しても、寂しさと同時に焦燥感を感じて仕方ないのです。

こんなに人を幸せにしてくれるレシピはなかなか無いはずです。
珠玉のレシピ達を、ぜひ後世に引き継いでほしいと思うのはわがままでしょうか。
オーナーパティシエの足立さんのセンスも神的ですが、そこに加え、研究に研究を重ねて生み出されたはずです。
このまま消えてしまうのは惜しい、たくさんの人がそう思っていることでしょう。

もちろん、そう簡単なことではないのはわかっています。

塩チョコクッキーを10年分くらい冷凍保存しておく計画

二度と食べられないなら、冷凍してときどき取り出して食べようかとも思ったのですが。
店員さんに聞いてみると、それは推奨されていないとのことで、、、
試しにちょこっとだけ実験してみると、やはりフルール・ド・セルの結晶が冷凍することによって小さくなってしまうのか、歯ざわりが若干変化してしまっていました。

潔く、思い出としてのみ残しておくのがいいのでしょうね。

それでも、諦めきれない私。

昨年、足立さんに「レシピ本を出す予定はないんですか?」「別の形で販売することは考えていますか?」と聞いた時には、全部NOだったのですが、、、

最後の日。
しつこいながらも勇気を出してもう一度聞いてみました。
だって、もうこれが最後なのです。

若干ストーカー化している私に対して、まったく嫌な顔せずに答えてくれた足立さん。

なんとこんな事を教えてくれました。

塩チョコクッキーがまた食べられる可能性があるらしい

実は、塩チョコクッキーを受け継ぎたいという方がいるようです。

それが本当なら、なんと嬉しいことでしょうか!

それはショコラシックで働いていたお弟子さんがやっているパティスリーだそうです。

場所は、
北海道・旭川です!!!

ちょっと、、、いやかなり遠っっ!

いえいえ、塩チョコクッキーが食べられる可能性がゼロではなくなったのです。
こんなに喜ばしいことはありません。

ショコラ・シック 塩チョコクッキー

今日あたり、ショコラシックのオーブンが、海を越えて北海道へ渡っている頃でしょうか。
ある程度試作を重ねてからの販売になるので、すぐとはいかないようですが、、

その土地の気候や、作る人の癖などで味は簡単に変わってしまうもの。
私の勝手な予想ですが、足立さんのお墨付きが出るまでは、世に出ることはないんじゃないかと。

期待して待ちましょう。

さて、塩チョコクッキーが復活するという、そのお店の名は。

続きを読む
1 / 2

ピックアップ記事

関連記事一覧