NARISAWA(ナリサワ)里山の風景・森のエッセンス

ナリサワの里山の風景・森のエッセンス

このページはこちらの記事からの続きです。

自然のそのままの風景を料理に映し出したような、芸術的な一皿がこちら。

NARISAWA ナリサワ 里山の風景 森のエッセンス

ナリサワを象徴するこのメニュー。
季節の植物が顔を出したり、冬には雪景色になったりと、いつ行っても四季を感じられるプレートです。

NARISAWA ナリサワ 里山の風景 森のエッセンス
左上の竹の器に入っているのは「木のお出汁」。
鰹節のように、木を削ってエキスを抽出したお水なのですが、、、これがどのように舌に響くのか?
興味をそそられます。

散りばめてある緑と黒の粉末は、おからを着色したものだそうです。
中から顔を出したのは豆乳を発酵させたもの。

スプーンで掬ってみると、、、

NARISAWA ナリサワ 里山の風景 豆乳
とろりとクリーミーです!

黒いのは根菜を揚げたもの、かりんとうのように甘い味がついていました。

食べていくと、おからの塩気と豆乳のわずかな甘み、そしてときどき感じる酸味(これはシェリービネガーだとのお答えが)、不思議なバランスです。
間にはさんでときどき木のお出汁を口に含むと、なるほど、ぴったりハマります。
食べているというより、自然を感じているという方がぴったり来るような、、、
これは初めての感覚です。

いろいろなハーブが、芽吹いたばかりのように盛り付けられているのですが、ナリサワのハーブは香りがきつくない。
優しい風味を醸し出してはいるのですが、限りなく控えめです。

おや、あまり見ないハーブを発見しました。

ナリサワ シャク ハーブ
ホールの方にこれはなんですか?と聞くと、すぐに「シャク」ですとのお答えが。

石川県の野山で採れたものだそうです。
スタッフも年に一度は訪問しているとのこと。
なるほど、ハーブの名前もすぐに返答できるわけです。

以上、NARISAWA(ナリサワ)里山の風景・森のエッセンスでした。

ピックアップ記事