ランチで出会える孤独のグルメ! 外苑前シャンウェイの超やわらか蒸し鶏

青山 シャンウェイ

日本全国に名の轟くシャンウェイ

こんにちは、青山地元民さくらです。
青山・表参道・外苑前近辺のグルメレポートを気の向くままにやっています。

さて、今日のターゲットは、孤独のグルメに出たことで一躍全国グルメ民の憧れの店となった「シャンウェイ」です。

夜はその忙しさに電話にも出てもらえず、ようやくつながっても夜の予約は数ヶ月待ちだとか。

でもね、なんとランチで普通に孤独のグルメのメニューが食べられるのです。
しかも激安価格で!
さあ、行ってみましょう〜

二階にあるので・・・っていうか、看板には予約が取れない程の名店オーラが漂っていないので、気付かず通り過ぎてしまいそうです(失礼)。

外苑前 シャンウェイ

ビルの二階に上がっていくと、、ありました! シャンウェイです。

外苑前 シャンウェイ

店内は思った以上に狭く、その中に人がごった返しています。

さすが、人気店。

人だらけなので、カメラを出すのが憚られ、内観は撮れませんでした。

入り口横にはメニューが。

こういう店でこの雑な感じ。
逆に美味しいんじゃないの? とやや勘違い気味に高まってきます!

外苑前 シャンウェイ ランチ

目当ては、このBランチ。
蒸し鶏のネギ醤油は、孤独のグルメで五郎さんが骨まで食べられることでびっくりしていた、夜のメニュー「柔らか雛鳥のねぎ醤油」をランチ仕様で低価格で提供してくれているものです。

もちろんこれが、一番人気のメニュー! 

しかも890円!ここは青山だぜ?(氷室京介)

サラダバーの次元がちがう

ランチにはすべてサラダバーが付いてきます。

しかし、この内容を見る限り、サラダってレベルじゃない。家常菜のオンパレード!

外苑前 シャンウェイ ランチ サラダバー

パスタや煮物まで、何もかもがあります。

何屋だか一瞬忘れそうです。

外苑前 シャンウェイ ランチ サラダバー

もう充実しすぎていて、メイン来なくてもこれだけで満足できそう。

五郎さんの座った席は、やっぱり憧れ

なんでも、その席ご指定のお客様もいるくらい、孤独のグルメの主人公が座ったカウンター席は人気があるらしいです。TVの力ってすごいですね。

私は偶然にもそこに座れました、すみません、、、

カウンターの奥では中華の料理人達が、忙しそうに動いています。

外苑前 シャンウェイ 内観

13時半過ぎても客足が途絶えることはありません。

 さて、お目当の品がやって来ました。

やわらか蒸し鶏のネギ醤油

スープにライス、サラダバーの小菜達、そしてメインの蒸し鶏が揃いました!

外苑前 シャンウェイ ランチ 蒸し鶏

 これが、噂の孤独のグルメですか。

黒々とした醤油だれに、どっぷり浸かるチキンレッグ。

その上に、水菜、葱、揚げ葱などがガッサリ盛り付けてあります。

外苑前 シャンウェイ ランチ 蒸し鶏

肉を崩してみると、、

うわー、柔らかい〜〜〜 ほろほろと崩れてきます。

なんでも金華火豚や生姜、干しエビ等と長時間蒸し上げており、骨まで食べられるんだとか。

外苑前 シャンウェイ 蒸し鶏

たっぷりのネギ醤油だれに肉をからませ、香味野菜と共に口に運びます。

おお!見た目濃そうだけど、意外とサッパリしています。

これなら女性でも一皿完食余裕です。

しかし塩分はそこそこあるので、途中からすこしキツくなってきました。
もう少し甘いとごはんにも合いそうですが、しょっぱさが勝っているのでなんか合わないぞ。
(個人の感想です)

ここでサラダバーのバラエティ豊かなおかず達が再登場!
バランス合わせながらチョイスして、食べ進んで行きます。なんか贅沢〜♪

青山ランチで890円と破格のお値段。そしてこの品数。なんともコスパの良いお店ではないですか。
混んでるのも納得です。

最適な入店時間見つけたり!

14時半前になり、ようやく空席が出て来ました。

ここで気づいたことが。

店の営業時間にラストオーダーの記載がなく、14時半まで、となっているのですが、、
14時半は閉店の時間なのか? ラストオーダーの時間なのか?

見ていると、14時半ギリギリに入店したお客さんは、テーブル席も空いていてゆったり食べることが出来ていました。ランチ閉店が近いからといって急かされることもありません。
サイドメニューが無いので、追加オーダーする人もいなく、閉店ギリギリ入店のお客さんの注文が通った時点で、厨房はランチの締めに入ります。 

何が言いたいかというと、

要は、14時半ちょい前に入店すればいいのだ!ということです。

13時台でも混み混みぎゅうぎゅうのお店ですから、せわしないのが苦手な方は14時25分頃の入店がおすすめです。
快適に食事が出来ます。(ちなみに1分でも過ぎたら入店を断られていたので、気をつけてください。)

もちろんその後はダラダラと居座らず、常識的な時間内で食事をするのが前提ですが。

外苑前 シャンウェイ

シャンウェイまとめ

  • ランチの蒸し鶏は柔らかく、骨まで食べられる
  • サラダバーが類を見ないほど充実している
  • 狭くて混むのが嫌な人は閉店間際がオススメ 

孤独のグルメには、他にも「毛沢東スペアリブ」や「黒チャーハン」などシャンウェイの名物料理が紹介されており、それらを食べるには、困難な夜の予約を勝ち取り、数人のお供を引き連れてシェアしなければならないらしいです。
(ボリュームがすごいので、一人では食べきれないらしい)

孤独では味わえなさそうなグルメです・・・。

また、新シーズンが始まるらしく、シャンウェイの予約困難な状況もまだまだ続くと思われます。

青山地元民としては、夜メニューにもいつかはチャレンジしてみようと思いつつ、店を後にしました。

 

ピックアップ記事

関連記事一覧