行くなら今! 隈研吾デザインのSunny Hillsでパイナップルケーキをいただく

こんにちは。青山地元民さくらです。

いつも、青山周辺(表参道・原宿・外苑前)のグルメ情報やデートコース、地域ネタなどを気の向くままに綴っています。

裏青山にひそむ和の建築

さて、青山の裏通りにある、Sunny Hills(サニーヒルズ)。
ここは、新国立競技場のデザインでも有名な、隈研吾氏の建築です。

隈研吾氏の特徴は、木材を多く使用した和がベースのデザイン。
「和の大家」とも呼ばれています。

ここで、台湾の人気菓子・鳳梨酥(オンライソー)というパイナップルケーキをいただくことができるのです。

sunnyhills01

住宅街に唐突に現れる建物。

カメラやスマホを持っていなかったらきっと後悔するのでは、と思えるほどのインスタスポットです。

sunnyhills02

さて、入ってみましょうか。

檜のアート空間で頂く、ルビー茶とパイナップルケーキ!

sunnyhills04

中も木材を贅沢に使った、美しいデザイン。
スタイリッシュでありながら、心が落ち着く不思議な空間です。

「お二階で、サニーヒルズの特製パイナップルケーキを召し上がりますか?」

スタッフの方が声をかけてくれます。

もちろん! ということで・・・

sunnyhills05

二階に上がると、こちらも落ち着いた木のテーブル席に案内してもらえます。

sunnyhills06

パイナップルケーキを口に入れると、さっくり、ほろりとした食感の生地に、パイナップルの甘酢っぱさがアクセントとなり、なんともいえず幸せな気持ちになります。

一緒に供されたルビー茶も、ほんのり甘くふくよかな香り。

sunnyhills07

さて、お会計・・・
ということで、レジに行くと

「無料ですよ」

「ええっ!??」 これが無料なの?

実はここは試食スペースなのでした。
だからといって、食べるだけという人はあまりおらず、ほとんどの方がお土産を購入して帰っているもよう。

買わずに試食だけで帰ってもよいのですが、後日急激にパイナップルケーキが食べたくなること間違いなしの、癖になるお味なので、ぜひご自宅用にも買って行かれることをおすすめします。

オリンピックが近くなったら、サニーヒルズもどんどん混んでくるはず。
行くなら今のうちの、オススメスポットです。

サニーヒルズまとめ

  • インスタスポットです
  • 建築マニアじゃなくても早めに行っとくべし
  • パイナップルケーキは青山みやげに最適

 

 

ピックアップ記事

関連記事一覧